カート 0

Blog

Why Winter Is the Best Time to Use a Thermal Camera at Home?

Why Winter Is the Best Time to Use a Thermal Camera at Home?

Thermal camera, anyone? If you haven’t heard about the infrared wonder, it’s about time you grace your precious abode with one — especially in sweater weather. The truth is there never is a better time than winter to make the most of a thermal camera for your home.   Thermal imaging works best in winter because of the huge difference between the temperatures indoors and outdoors. Thus, you can spot energy fluctuations at home faster making your place more energy efficient and safer.   In this post, we’re going to show you why a thermal camera is most advisable come...

続きを読む →


Grounded vs Ungrounded vs Exposed-Which Thermocouple Junction Works Best for You?

Grounded vs Ungrounded vs Exposed-Which Thermocouple Junction Works Best for You?

Be forewarned. While ungrounded, grounded, and exposed thermocouple junctions have the same purpose, both are designed to operate in totally different environments. Simply put, not minding that spells disaster.  In a corrosive environment where speed is paramount, a grounded type works best. Otherwise, if you put a premium on greater accuracy over the speed of temperature acquisition, then an ungrounded thermocouple is the better choice. As for the exposed type, it’s best when you want to obtain data the quickest but only in stable environments.  Confused? Don’t fret. In this post, we are going to show you the details you...

続きを読む →


これが、今日スマート水耕栽培ガーデンを取得する必要がある理由です

これが、今日スマート水耕栽培ガーデンを取得する必要がある理由です

水耕栽培の庭はあなたにとってギリシャ語に聞こえるかもしれません。はい、それはあなたが他のように混乱するかもしれません。ただし、地球上での生活を最大限に活用したい場合は、今日水耕栽培を始めるよりも賢明な決断はありません。特にニューヨーカーとカリフォルニア人、そして限られた生活空間でやらなければならない人々に当てはまります-家賃の高騰は言うまでもありません。ますます多くのアメリカ人が体重計を傾け、肥満の点で国を世界的にトップの表彰台に置くようになっているので、これはまさに医者が命じたものかもしれません。大体において。   都市は、希望の光であった昔とはかけ離れたものになりました。代わりに、文化の衰退と汚染の代名詞になり、その結果がすべてを物語っています。私たちが技術的に進歩したのと同じように、毎年60万人以上が心臓病で亡くなっています。水耕栽培の庭について聞いたことがないかもしれません。 NS。しかし、より健康で幸せなあなたのために、それはあなたがすべき時です。読む。   水耕栽培の歴史   厳密に言えば、水耕栽培は水耕栽培の一形態であり、土壌を使用せずに植物を育てる幅広い方法です。主な違いは水です。水耕栽培では、水のみを使用し、養液が植物を育てます。他の形態の水力培養では、不活性ガスを使用します。具体的には、これらは土壌以外の固体成長媒体です。そのような代替土壌は無機質です。   屋内水耕栽培の庭を通して成長する途方もない利点があります。しかし、アイデアが正式に孵化したのは1627年になってからでした。その後、最も影響力のある英国の政治家であり科学者であるフランシスベーコンは、土壌を使用せずに植物を育てることに関する彼の研究を発表しました。そして、本当に革新的なアイデアです。死後、「博物学」というタイトルの本(Sylva Sylvarumなど)に印刷されましたが。   斬新でありながら、アイデアは定着し、広まりました。その後まもなく、1699年に、著名な英国の博物学者であるジョンウッドワードが、ベーコンの理論を確固たる証拠として示しました。ウッドワードは、彼の槍ミントがより透明で純粋な蒸留水よりも「純度の低い」水でどのように繁栄したかを世界に知らせて喜んでいました。本に正式に掲載され、これらの水耕栽培実験は、他の科学者が基礎を築くための足がかりとなりました。   数世紀後の1842年、ウィルヘルムノップとユリウスフォンサックスという2人のドイツの植物学者が棍棒を拾いました。彼らは無土壌植物の背後にある科学が繁栄するための基礎を築きました。具体的には、彼らは固形土壌の恩恵を受けずに陸生植物を育てるための9つの要素を挙げました。適切には、これらのドイツ人はプロセス全体を「ソリューション文化」と呼んでいました。そして彼らの研究はすぐにこの主題に関する標準的なテキストになりました。   これらすべてが1929年に勢いを増しました。その後、William Frederick Gericke(1882〜1970)という名前のアメリカの「ショーマン」科学者が水耕栽培という言葉の著者として名を馳せました。 Gerickeは、カリフォルニア大学でネブラスカ生まれの著名な植物生理学者および作物の専門家でした。彼は自分の庭で栄養豊富な溶液を使って25フィートまたは7.6メートルもの高さのトマトを育てることで世界を驚かせました。   アメリカの征服 さらに、Gerickeは最初に水耕栽培という言葉を使用しました。これは1937年にW. A.Setchellによって彼に提案された言葉です。 Setchellは著名な藻類学者でしたが、古典の専門家でもありました。   ギリシャ語に由来する水耕栽培は、ギリシャ語で水(ύδωρ)と栽培(πονέω)を意味する造語です。ある意味で、2つの言葉が1つになりました。   しかし、ゲリッケと同じくらい素晴らしくて素晴らしかったので、彼はかなりの反対に会いました。おそらく無土壌農業の見通しを恐れて、大学自体は彼が温室を使用することを禁じました。科学者は家で研究をしなければなりませんでした。最終的に、大学はGerickeが温室を使用することを許可しましたが、予約が必要でした。それは、2人の仲間の科学者、ArnonとHoaglandを割り当てて、Gerickeの公式を再定式化し、土壌のない農業が従来の土壌の多様性より劣っていることを示しました。   それでも、Gerickeはやって来ました。彼は、「無土壌ガーデニングの完全ガイド」という本を介して作品を出版しましたが、大学の壁を離れる前ではありませんでした。   しかし、ダニエルI.アーノンとデニスR.ホーグランドは、1838年に農業速報を書きました。「土壌のない植物を育てる水耕栽培法」と題されたこの速報は、ゲリケの水耕栽培植物の収量は古き良き伝統的な植物で栽培された植物よりも優れていないと主張しました。土   しかし、アーノンとホーグランドの研究は最初から偏っていました。水耕栽培の本質的な利点については言及していません。たとえば、彼らの研究は、植物が生体酸素へのより多くのアクセスを持っていたという事実を決して引用しませんでした。 今日のその商業的および技術的使用 今日、水耕栽培の庭は飛躍的に広がっています。 NASAは、宇宙征服を目指して、このトピックについて広範な研究を行っています。現在、政府機関は、火星の環境を模倣するためにLED照明のセットアップを使用して植物の成長を調査しています。   Gerickeのビジョンに忠実に、企業はますます売り込みを進めています。2007年、アリゾナ州の企業であるEurofresh Farmsは、2億ポンドを超える新鮮な水耕栽培トマトを無農薬で販売しました。彼らの結果は非常に素晴らしいので、同社はこの目的だけのために318エーカー以上のガラスの下に捧げてきました。   科学自体が他のアイデアを刺激しており、たとえば空中農業に取って代わっています。   あなたのための屋内水耕栽培の利点   ますます多くの人々が集まるにつれて、人口密度は都市で最も高くなります。それに加えて、旅行する人々の増加があります-例えば、彼らのキャラバンを地球の端に乗せます。このような傾向は、水耕栽培の理想的なシナリオを提供します。そして、これらの理由とともに:   スペースの最大化。植物は無土壌環境では異なって成長することを覚えておく必要があります。たとえば、水耕栽培環境では、それらはより小さな根を成長させます。つまり、実際には、土壌条件よりもはるかに近くで植物を育てることができます。あなたがあなたのスペースが窮屈になっているのを見つけているなら、それはあなたにとって完璧です。これは温室にも理想的です。それは、ガラスの下の作物の収量が増えることを意味するだけです。    ウォーターセーバー。誤解しないでください。水耕栽培の庭は解決策として水を使用します。それで、あなたは尋ねるかもしれません、どうすればこの方法でもっと水を節約できますか?水耕栽培のセットアップでは、水と使用した栄養素をリサイクルできることに注意してください。このようにして、従来の方法と比較して、95%もの水を節約することができます。   優れた品質の歩留まり。ゲリッケはずっと正しかった。水耕栽培された植物は栄養素の含有量が優れているため、栄養素へのアクセスが向上していると考えられます。それは意外に聞こえるかもしれません。しかし、本当に、これが果物や野菜をこのように栽培し始める最大の理由かもしれません。研究によると、水耕栽培で栽培された野菜は、従来の方法で生産されたものと比較して、ビタミンが50%多く含まれていました。ビタミンAとBの複合体について話しています。そのリストにビタミンCとEを追加すると、これらが最高級の製品であることがわかります。   より優れた制御。それについて考えてください。土壌とは異なり、屋内の水耕栽培の庭に栄養を与えるために使用される水を簡単に操作できます。つまり、必要なときに簡単に栄養素を追加できるということです。これは、土壌ではほとんど確認できないことです。確かに、これはより適切に制御された環境です。   軽い労働。あなたにとって最良の部分は?必要な製品を手に入れるためだけに、お尻を動かす必要はありません。そしてそれは、一見無限の土壌問題のリストに気を配る必要がないからです。右?たとえば、雑草を引く必要はありません。シャベルを使う必要はありません。または、そのことについては、手押し車を押してください。あなたがしているすべての退屈な労働を想像してみてください。簡単です。   水耕栽培:あなたが人生を最大限に生きるのを助けます   水耕栽培を介してより良い収量へのアクセスを許可することにより、あなたはより良い健康を促進します。しかし、それだけではありません。   これで、ガーデニングをしないための狭いスペースの便利な言い訳ができなくなります。そして、そのような至福によって、あなたはあなたの健康を一段高くします。   あなたに園芸の機会を与えることによって、水耕栽培はあなたに健康的な農産物へのより大きなアクセスを与えています。さらに、2つの異なる研究では、庭を定期的に利用しているプラ​​イムエイジ(60〜70代)の人々は、そうでない人々と比較して認知症になる可能性が36〜47%少ないことが明らかになっています。   ストレス解消と運動を加えると、住居に水耕栽培の庭を作ることは、汚染された都市で新鮮な朝の空気を吸うようなものです。                

続きを読む →


Thermal Camera Guide: How to Protect Yourself from the Record-breaking Killer Global Heat Wave?

Thermal Camera Guide: How to Protect Yourself from the Record-breaking Killer Global Heat Wave?

A thermal camera may seem relatively puny going against the destructive prowess of a record-shattering heat wave that’s hounding the entire planet. It’s true. It seems like a total mismatch. How will a handy device rein in the devastation that has erased the lives of thousands in the world — to date? But truth be told: There’s more to the infrared camera than meets the eye.  Without a doubt, America is scorching hot. And it’s not just patches of the great nation that are suffering the sweltering heat; CNN details that over 85% of the American populace has been bracing...

続きを読む →


Thermal Camera for Insects: How to Detect the Advance of an Invisible Army with Science?

Thermal Camera for Insects: How to Detect the Advance of an Invisible Army with Science?

A thermal camera can be your greatest ally in thwarting the sneaky advance of insects. No doubt these creatures are diminutive but when they amass an army, it’s totally a different story. They’d wreak havoc on your precious abode. Or if you’re a business, your strategic plans — however, well thought out.  Before you start crying foul, a little perspective should bid you well. Know that the first step to putting a solution on the table is defining the nature of the problem right.  It’s easy to sweep aside an insect problem seeing how puny a lonesome insect is. You...

続きを読む →

日本語