暖かい電気加熱スカーフ

序章

スカーフは、寒い冬の日に寒さを防ぎ、ファッションを引き立てるのに欠かせないアクセサリーです。現代のスカーフが最初に使用または発明されたとき、私たちがめったに考えないような一般的なアイテムです。

すべての異なる主張を正確に特定して検証することは困難ですが、以下の主張のいくつかは、スカーフが使用されることが最初に文書化されたときのものです。 9世紀以降、アッシリアの王がスカーフを身に着けていた像が示すように、スカーフはアッシリアの王が身に着けていました。その後、古代エジプトでは、ネフェルティティ女王によって使用されたと報告されています。これは紀元前1350年頃のもので、使用された素材はウールでした。さて、興味深いことに、古代中国では、成帝の支配下で、布で作られたスカーフもユーザーの軍事的地位を示し、主に上位の兵士はこの贅沢を体験できますが、下位の兵士は着用していました綿のスカーフ。

スカーフは何千年も前から存在していましたが、19世紀以前は常に汗を拭いたり、物を清潔に保つための布と見なされていたため、人気のファッションウェアにはなりませんでした。幸いなことに、当時のファッションデザイナーは、新しい素材やデザインがインドから流出したときに、それから何か象徴的なものを作る機会を見ました。

それ以来、デザインとスカーフは、特に技術の進歩により大きく変化し、印刷されたデザインが可能になりました。これにより、サッカークラブに関連するスポーツイベントでスカーフを着用する道が開かれた可能性があります。クラブの紋章、選手の写真、クラブの歴史に関連するさまざまなスローガンがデザインに組み込まれています。

 

電気スカーフ


スカーフは保温に最適で、綿に比べてウールのよりしっかりと編まれた素材の方が暖かいことがよくあります。

しかし、個人的には、スカーフだけを身に着けているだけで体を暖かく保つことができるとは限りません。非常に寒い時があります(昼食から体に必要なエネルギーを与える前のように)、どんなに多くの服を着ても、体が冷たくないので、まだ冷たい感じがします。そもそも暖かさを生み出すエネルギーを持っています。

そのため、電気スカーフや加熱スカーフについて最初に聞いたとき、私は実際に興奮していました。フリース70%レーヨン30%素材で作られ、裏地は綿100%です。パワーバンクを置くための小さなポケットと、首に巻いた後にスカーフをすり抜けるためのネクタイ、このスカーフ 最大限の快適さと利便性を実現するように設計されています。 3000 mAhのパワーバンクを使用するだけで、最大45℃まで最大5時間の暖かさを体験できます。


投稿順 新着順

Japanese