トップ赤外線カメラ-命を救う技術

赤外線カメラ

赤外線カメラは1950年代に最初に開発され、使用されました。当時は、主に法執行機関や軍隊で、暗い場所やさまざまな環境要因の影響を受ける場所での視認性を高めるために使用されていました。技術の進歩に伴い、新しい機能が開発され、現在、赤外線カメラがさまざまな分野で使用されています。

 

それらはどのように使用されますか?

赤外線カメラは、増幅器、検出器、光学システム、ディスプレイ、信号処理の5つの異なる部分で構成されています。熱エネルギーは肉眼では見えない光です。これらの5つのコンポーネントが一緒になって、物体や人が放出する熱エネルギーを確認できる特別なセンサーを作成します。輻射によって生成された画像は、熱分布の研究であるサーモグラフィと呼ばれるプロセスを介して行われます。つまり、赤外線カメラは熱エネルギー(熱)を可視光(色)に変換することができます。

 

誰がそれらを使用しますか?

前述のように、赤外線カメラはさまざまな分野で使用されています。赤外線カメラを最も使用する業界は、安全と法執行、機械とメンテナンスですが、他の業界には野生生物とヘルスケアが含まれます。消防は、赤外線カメラが非常に頻繁に使用される業界の1つです。赤外線を可視光に変換することにより、赤外線カメラは消防士が困難な状況でよりはっきりと見ることを可能にし、多くの命を救うのに役立ちました。赤外線カメラは、仕事関連のプロジェクトで専門的に使用される以外に、キャンプ、バーベキュー、さらにはゴーストハンティングなどのレジャー活動にも使用できます。

 

赤外線カメラに関するFAQ:

Q:赤外線カメラは物体を透視できますか?

A:いいえ、赤外線カメラは物体から放出される熱しか見ることができません。たとえば、赤外線カメラを壁に向けると、壁の熱を検出して表示しますが、壁を通して見ることはできません。

 

Q:赤外線カメラは漏れを検出できますか?

A:はい、赤外線カメラは熱漏れやガス漏れなどを検出できます。

 

Q:熱画像と暗視は同じものですか?

A:熱画像と暗視は、暗い場所での視認性を高めるという目的を共有していますが、これら2つの方法で使用される技術は異なります。熱画像は、より正確なセンサーを必要とする長波長の赤外線をキャプチャします。一方、暗視は、より短い波長の赤外線に焦点を合わせるすべての光を収集して増幅します。赤外線カメラと暗視の価格の大きな違いは、主に赤外線カメラがより高度な技術を必要とする技術的な違いによるものです。

 

Q:赤外線カメラは、数百ドル(USD)から数千ドル(USD)の範囲です。安価なものと高価なものを区別する主な機能は何ですか?

A:通常、価格を定義する機能は解像度です。高解像度のカメラは、はるかに鮮明な画像を表示でき、長距離からの画像もキャプチャできるため、コストが高くなります。

 

なぜ人々は赤外線カメラを使用しているのですか?

前述の機能により、赤外線カメラは漏れを検出し、お金を節約し、さらには命を救うことができます。それらは、それが職業的であろうと個人的であろうと、人生の多くの分野で有益である可能性がある非常に有用なツールである可能性があります。赤外線カメラをどのような目的で使用する場合でも、PerfectPrimeの1つです。 赤外線カメラの幅広い選択 あなたにぴったりです。


投稿順 新着順

Japanese